忍者ブログ








2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11

『世界のシルク(蚕糸絹業)は成長産業』

 日本の養蚕業は典型的な衰退産業である。しかし、世界の養蚕業は「成長産業」である。世界の生糸生産量は2000年の11万㌧から、2012年には16万㌧に増えた。シルクは高級材であり、先進国・高所得国で消費が伸びているのだ

浙江省の作物別生産性を比較すると
1ムー(1/15ha=6.67a)当たり収入は
繭4307元
稲作2226元
緑茶3408元
で養蚕の土地生産性は高い

しかし、労働生産性を比較すると
1日当たり収入は
繭112元
稲作232元
緑茶95元
柑橘184元
トマト207元
油菜120元である

農業の中で比較しても、労働生産性は低い。したがって、賃金上昇に伴いコストが上昇すると競争力を失う

要するに生産単価が低い為、低賃金でなければ人を雇えず人を雇えなければ生産も出来ないというのが養蚕業の現実といえる

その上で更に蚕が貧困地域に適しているというのは宇宙食食「シルクナゲットとしても利用されてるほどたんぱく質が豊富とされ多くの地域で食べられているからです

カイコが生きた宇宙食として注目されているのは、育てるのに大きな場所が必要ないこと。成長がとても早いこと、えさが桑だけでいいことなどです。豚や牛は火星に連れて行くにはちょっと大きすぎますし、食べられる大きさになるまでに何年もかかります。カイコなら宇宙船の中や火星基地の中の棚のような場所で充分育てることができて、1ヶ月ほどで成長します。しかもマユから絹まで作れるというおまけ付きです。宇宙にいっしょに連れて行くにはぴったり

との事です


とはいえ、シルクを生み出す蚕はその育成方法が大変とされています
なぜならば

カイコと人間の歴史は5000年以上昔にさかのぼり。
日本の最も古い歴史の本である古事記の中にも登場しました。

ずーっと人間に育てられ、品種改良が進められた結果、カイコは自然界で生きていくことが出来なくなってしまったのです。

実は野生のカイコというのは存在せず(ヤママユガというカイコの原種はいます)。

カイコは足の力が弱く自然の桑にはつかまっていられませんし、マユを作るときにも人間が特製の枠に入れてやらないとうまくマユを作れないのです。

また、成虫の蛾は飛ぶことが出来ません。人間の助けがないとカイコは生きていけないのです。

マユから絹を取るとカイコのさなぎが残ります。

カイコ農家ではこの残ったカイコのさなぎを昔から魚釣りのえさや、肥料、そして食料などに活用してきました。

長野県や群馬県などのカイコ農家の多い地方では佃煮などにします。
日本だけでなく中国や韓国、タイなどでも佃煮やから揚げにして食用にしているそうです。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★