忍者ブログ








2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05

安倍晋三首相が30日、アジア安全保障会議(シャングリラ対話)で自身の靖国神社参拝について「国のために戦った方に手を合わせる、冥福を祈るのは世界共通のリーダーの姿勢だ」などと語り、
会場が拍手に包まれる一幕があった。

講演後の質疑で、出席者の中国人男性が昨年の首相の靖国神社参拝について
中国の自国民だけが死亡したかのように「先の大戦で日本軍に中国人は殺された。その魂にどう説明するのか」と質問したのに答えた。

首相は「法を順守する日本をつくっていくことに誇りを感じている。ひたすら平和国家としての歩みを進めてきたし、これからも歩みを進めていく。これは、はっきり宣言したい」とも述べた。

一方、小野寺五典(いつのり)防衛相は同会議の夕食会で、中国の王冠中・人民解放軍副総参謀長と約5分間、会話した。

小野寺氏は、東シナ海上空で中国軍機が自衛隊機に異常接近した問題を踏まえ、海上での偶発的衝突の防止に向けた連絡体制の早期運用に応じるよう求めた。王氏は「日中間のさまざまな問題が解決しないと難しい」と答えた。

拍手[0回]

PR
福島県境に近い芦野氏陣屋跡(栃木県那須町芦野)は桜が満開となった。約700本のソメイヨシノで小山一面が覆われ、「御殿山」「桜ケ城」とも呼ばれる桜の名所だ。

 麓にある那須歴史探訪館の斎藤宏寿館長は「戦国時代には桜の木はなかった。
木があれば、攻める側は上りやすいし、上から銃で狙われても木の陰に隠れることができる。

芦野氏は戦国時代前期、居館を麓から山の上に移した。陣屋とはいうが、機能は城そのもの。戦いに備えて攻められにくい山城を構えたのは、この時代の多くの武将と同じだ。

 実際、関ケ原合戦では戦場になるかどうかの緊張状態にあった。西軍・石田三成と連携しそうな上杉景勝の領地は目の前。芦野氏陣屋は、上杉勢南下に備える守備隊本隊が結集する大田原城(栃木県大田原市城山)、黒羽城(同市前田)のさらに前方に位置する。

上杉勢が全軍を繰り出せば、兵力の差は大きく、ひとたまりもない。そうなれば捨て石だ。


 この厳しい状況に立たされた当主は、前年にわずか8歳で家督を継いだ芦野政泰だった


結局、上杉氏が大軍で攻め寄せてくることはなかったが、動かなければ動かないで緊張状態は続いた。大きな戦闘はなかったが、最前線を守ったことは評価された。関ケ原合戦後は1900石加増。家臣団がしっかりと少年当主を支えたのだ。芦野氏は3千石の旗本として明治維新まで続いた。

戦国の世と現代では物事が大きく違い参考にならないという声もあるかもしれない
しかし、たとえ8歳であっても立派に当主を務めることが出来たという事実は覆らないだろう。

現代の世の中においては子供だからできるわけが無い子供は考えることができないそういい続けた結果、大人になっても社会に適合できない大人が増えているのではないだろうか。
たとえ子供であろうと物事を考え判断し労働する事も可能なのだ。むしろ子供であればこそ様々な知識や経験を素直に受け入れより良い成長を遂げるといえるだろう。

子供だからと甘やかすのではなく以前提案した就労学習制度を取り入れ生活の中で興味をもった事は経験させ努力させ考えさせ自らの手で学ぶ機会を与えより良い子供、人材を育成する事を考えてみるのもいいのではなかろうか













拍手[0回]

中国との大きな争いの根底に持ち上がる南京大虐殺。これは日中戦争(支那事変)初期の1937年(昭和12年)に日本軍が中華民国の首都南京市を占領した際(南京攻略戦)、約6週間から2ヶ月にわたって中国軍の便衣兵、敗残兵、捕虜、一般市民などを殺したとされる事件です。が、韓国の慰安婦問題と同様双方に意見の食い違いが起きています。

近年見つかったと中国主張する内容によると
最近、遼寧省保存文書館で日本軍の南京大虐殺における死体処理の記録を載せた三件の機密報告書が公開された。記録によれば、1937年12月に南京大虐殺が始まってから1938年3月まで、毎日5,6台のトラックで、200~300人の人民工員が死体処理をしていた。

1938年2月の特務班第二次報告書にはこう書かれている:「死体埋葬隊(隊員約600名)は、1月上旬以来連日南京内外を行き来し、死体を埋めていた。2月末には埋葬された死体は約5000体に達し、成績は明白だ。」

1938年3月末の第三次報告書の内容:「死体収容を始めてから3カ月が経過した。3月15日までで、街の中に1793体、街の外に29998体、合計31791対の死体を街と指定の地点に収容した。」3月の死体処理隊は「毎日トラック5,6台、民工200~300名が必要だった」という。

との事ですが明らかな矛盾点が多く存在する事に気がつくとおもいます。

まず攻略時の様子はこういわれています。

1937年8月9日から始まった第二次上海事変の戦闘に敗れた中国軍は撤退を始め、逃げる行きずりに堅壁清野作戦と称して、民家に押し入り、めぼしいものを略奪したうえで火を放ち、当時、中華民国の首都であった南京を中心として防衛線(複郭陣地)を構築し、抗戦する構えを見せ日本軍は撤退する中国軍の追撃を始めた。
蒋介石は12月7日に南京を脱出しすると後を任された唐生智は兵を逃げられないようにトーチカの床に鎖で足を縛りつけ長江への逃げ道になる。南京城の邑江門には仲間を撃つことを躊躇しない督戦隊を置き兵を置き去りにし12月12日に逃亡。
日本軍は、12月9日には南京城を包囲し、翌日正午を期限とする投降勧告を行った。中国軍がこの投降勧告に応じなかったため、日本軍は12月10日より総攻撃を開始。12月13日、南京は陥落した。

この時点で中国兵はどれほどの人数がいたのでしょう。上海軍発表によると我が方戦死八百、戦傷四千、 敵方遺棄死体八万四千、捕虜一万五百、鹵獲品・小銃十二万九百・・・である。
とのことで8万4千人の死者がでた事となり

>1937年12月に南京大虐殺が始まってから1938年3月まで、毎日5,6台のトラックで、200~300人の人民工員が死体処理をしていた。

との記録は明らかな戦死者の埋葬であり虐殺と関係ないといえるでしょう。

そして戦闘が始まる前において日本軍は、南京への進撃中から諸種の残虐行為を行ったと言われ、南京周辺の町村において、被害の報告が南京市民が恐慌状態となり、中国人が親日派の中国人、日本人留学生などを「漢奸狩り」と称して殺害する事件が相次いでいた。と記されており
戦闘開始前から南京内においておきた虐殺を恐慌的心理状態から日本軍が虐殺を行ったと考えてしまう事も十分考えられるのではないだろうか。
さらにそのような精神状態の民を場当たり的な造兵とし徴用したとなれば占領間もない南京市民の精神状態はどうなるか。自分の身を守るために日本軍を攻撃しつづけ当然ながら発表以上の戦死者も現れ更に日本側も対抗しなければならない現状がうかがえる。

結果、戦死者が約10万人と考えるのが妥当である。

そして更に発見された記録において12月から3月まで虐殺が行われたような事が言われているが
そうなると日本軍が南京市街に入ってから、安全宣言が出され、世界のメディアが南京に入ってくるまでの1週間の間に30万人を殺害しなければならない上、死体処理において一日300体であるならば

1日300人×30日×4ヶ月=36000人

程度しか処理できず虐殺を行いつつ死体埋葬するような行為や40万人もの遺骨が発見されていないことから虐殺行為は物理的に不可能といえるだろう。

だが、これまでの意見も一個人の見解であり本当の真実は当時の人の見知る事でああります。
過去行われた事、そこには人の感情、思惑が入り混じり歪曲し本当の事はわからない。

しかし、一つ言える確かな事は過去にあったであろう事を重荷とし未来を生きる人たちの足かせとするのではなく同じ過ちを犯さないように教訓とする糧としなければならないという事。

相手を憎む教育をおこない大人の抱える怨み、憎しみ、怒りを子供達に背負わせるような事は絶対にしてはならないと言うことでしょう。

拍手[0回]

小笠原諸島(東京)の西之島が火山活動によって、元の大きさの約3倍になったことが4日、海上保安庁の調査で分かった。噴火で出現した「新島」と一体化して拡大を続けており、海保の担当者は「火山活動が収まって波で削られても、100年や200年は残るだろう」と話している。

海保によると、西之島の面積は約20ヘクタールだったが、南東にできた新島が溶岩で徐々に大きくなり、昨年12月に一体化。今月3日の上空からの観測では約60ヘクタール(東京ドームの約13倍)に達していた。

マグマの安定供給が続いているとみられ、さらに広くなる可能性が高いという。

この西之島は日本の領海内に誕生し、しかも領海が広がるような位置に誕生成長しており
この島が南東に広がれば広がるほど日本の領土&領海が増える為、島の成長がどこまで進むか多くの人が期待を膨らませている。

拍手[0回]



1942年、インドネシアのジャワ島攻略を目指す日本軍と、
米英蘭豪の連合国軍との間で争われたスラバヤ沖海戦。
結果としては、日本海軍隊が連合軍の艦隊を撃破し、日本が勝利。
その戦闘後、撃沈されたイギリス艦の「エクゼター」の乗組員376人と、
「エンカウンター」の乗組員約422人が、太平洋上で漂流する事態に見舞われます。

連合国軍の潜水艦が行動を続ける危険な海域であるにも関わらず、
命の危機にさらされている敵兵の救助を決断したのが、駆逐艦「雷」の工藤俊作艦長。
燃料不足が懸念される中、「漂流者を全員救出する」と決断し、
実際に、可能な限り漂流者を救出することに尽力した。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=wWYz_AQAzbQ

http://www.youtube.com/watch?v=eyKauVi4W3c&feature=player_embedded

拍手[0回]

延命寺は、船玉神社と女方羽黒神社と鬼怒川沿いに南方向へ大きな結界を結び
小川の熊野神社、山倉神社、稲荷神社とも結ばれており
元館、天満宮、女方羽黒神社とは霊線で結ばれ二重三重の結界の一端をなす重要な寺である。

創建時期は寛永十四年(1637年)以前とされ徳川家から庇護されていた
深く庇護されていた事は本殿に安置されている
秀忠(二代)家光(三代)家綱(四代)の位牌や、
3、5、8、10、11、12、13、14代将軍より賜った御朱印状からもうかがえ
他に御本尊地蔵菩薩(木造)、弘法大師蔵、釈迦涅槃図、両界曼荼羅が安置されている
古文書によると、元禄年代には檀家500軒を超える寺院であり樹齢300年を越えるしだれ桜が今も尚
健在であり地域の名物とされている

そして鬼怒川沿いに南方向へ大きな結界が結ばれ
東方向へも結界が結ばれ更に霊線を結び多重結界が結ばれている理由についてだが
推論であるが鬼怒川の水害を恐れた古き時代の人々の警告であったと思われる。

延命寺、船玉神社、女方羽黒神社を結ぶ事で水害を治める為の信仰、祈りがうかがえ
小川の熊野神社、山倉神社、稲荷神社においては氾濫が起きた時は東側へ非難しろ。
いわいる災害非難場所としての役割を担っていたのではなかろうかと考える。

ただ、鬼怒川と命名されたのは明治政府が編集した古事類苑に記載されたのをきっかけに呼ばれるように
なったが以前は好天時の穏やかで絹・衣の様な流れを表すであろう「絹川」あるいは「衣川」の漢字が当てられ
「きぬ」という音については紀伊国の国造家を起源とすると云われる豊城入彦命や
この地方の豪族紀清両党の紀氏に因む「紀の川」の転訛説がある

拍手[1回]

太平洋戦争(たいへいようせんそう、英: Pacific War)は、第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国(日本)など枢軸国と、連合国(主にアメリカ合衆国、イギリス帝国、オランダなど)の戦争である。

太平洋から東南アジアまでを舞台に日米両軍を中心とした戦闘が行われたほか、日本と米英の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告したことにより、1937年以来中国大陸で続いていた日中戦争(支那事変、日華事変。以下は日中戦争で記載)も包括する戦争となった。

なお、当時の日本政府は大東亜戦争(だいとうあせんそう)と呼称していたが、この名称の詳細については「大東亜戦争」の項目を参照のこと。

そして、その戦争による影響は筑西市(旧下館周辺地域)も例外ではなかった。

現在の筑西市域には大東亜戦争中においては


1939年(昭和14年)埼玉県の熊谷陸軍飛行学校の第六分教場として下館飛行場、熊谷陸軍飛行学校下館分教所、後に宇都宮飛行学校下館分校とよばれる飛行場が旧真壁郡関城町に建設され
1944年(昭和19年)には迎撃基地となり
1945年(昭和20年)には第一線の基地として特別攻撃隊が出撃


大日本兵器伊讃美工場という現川島小学校周辺から日立化成下館事業所周辺にかけて軍需工場があり
これら軍事関連施設は敵の攻撃目標となり、市内は何度も艦載機の空襲をうけた。
昭和20年には、工場に女子挺身隊として動員されていた下館高等女学校(現在の県立下館第二高等学校)の生徒2名が戦死。

平和の時代を生きて忘れがちではあるが過去にはこうした戦争があり多くの人が無念のままその命を落とした
歴史がある。後世においても戦争のない平和な世界を望むと市民グループ「筑西郷土史を考える会」は戦争の記憶を後世に伝える。

拍手[3回]

関城は、足利尊氏に京を追われた後醍醐天皇が吉野山に南朝を開き
南北朝の抗争がはじまる南北朝時代においては関東の南朝の
拠点として北畠親房らを迎え入れたことで知られ南朝方の関東六城

関城
真壁城
大宝城
伊佐城
中郡城
明寺城

の一つに数えられ
結城家2代当主朝広の4男である関朝泰が結城家の所領であった関荘を相続したのち
建久3年(1192年)大宝沼に三法を囲まれたその先端、南へ突き出た地に築城された

拍手[0回]

天慶年間(938-948)、藤原秀郷が平将門追討のために湿地帯の中に立つ南北に長い台地に3つの城砦群
三館・上の館・中の館・下の館を築いたことから
北から

上館(下館市樋口)
中館(巣も伊達市中館)
下館(下館市下館)

と名付けたのが地名の起こりで、文明10年(1478年)藤原秀郷 の流れをくむ一族。室町時代に下総結城氏の客分となった水谷伊勢守勝氏が結城氏広から下館領を与えられ築城しその後
二代水谷勝国。下館城主。勝氏子
三代水谷勝之。下館城主。勝国子
四代水谷勝吉。-永禄十一年(1568)。下館城主。佐竹氏、宇都宮氏との合戦でも戦功があった。勝之子
五代水谷治持。元亀二年(1571)。下館城主。真壁氏を誘い結城政勝と同盟に尽力
六代水谷(みずのや)正村。大永四年(1524)-慶長三(1598)。結城家臣。下館城主。政村。蟠龍斎(はんりゅうさい)。武勇に優れたことから主君・結城政勝の娘婿となり、「結城四天王」の一人となった。また、宇都宮氏との戦いでいくつもの戦功を挙げる。天正十三年(1585)の下野国田野城攻略では、城主羽石時政が最後の突撃を仕掛けた時にそこに居合わせた蟠龍斎と時政の間で一騎討ちとなり、蟠龍斎がこれを討ち取ったと伝えられている。秀吉関東平定後は結城氏から独立し下館藩の基礎を築く。治持嫡男
七代常陸下館藩三万二千石。初代水谷勝俊之墓。水谷治持二男、実兄水谷正村の嗣となる
八代常陸下館藩三万二千石。二代-備中成羽藩五万石。-備中松山藩五万石。初代水谷勝隆。勝俊長男

と長きに渡り結城藩から分立後下館が最も栄え、そのまま戦後周辺市町村を吸収して市制施行した為市名は下館となった。


拍手[0回]

五郎助山の由来  (ゆきじい様談)

私も聞きかじりの程度ですが、実は里山のある場所の相当部分(板橋地区~上野地区)の一部を地元では五郎助と呼んでいます。

実際、地番が 筑西市上野 字 五郎助何番地となっています。

「上野村誌」によると、板橋村に住む五郎助という百姓が上野村にある土地を耕作(出百姓という)していたが宝暦三年、年貢滞納事件を起こす。(理由は永い間の病弱で農作物の手入れも不十分で収穫も少なく、宝暦三年に近隣から発生した野火のため全耕作地が焼け、家屋まで焼失したという。そのためか五郎助は行方知れずとなった。)
五郎助の延滞年貢をめぐり、住所のある板橋の名主と、耕作地の上野の名主の間でそれぞれ請願が出され、お互いがその義務を主張し、結局、五郎助の親戚板橋の小十郎が代納し、決着したという。

その後、五郎助はどうなったか記録に無いが、それからこの地は五郎助という字になり、現在に至っているという。

拍手[0回]

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


注目記事

更新ボタン 凹

忍者カウンター

注目動画

フリーエリア

フリーエリア

| HOME
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★