忍者ブログ








2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11


■被害者「実態知ってもらうきっかけに」

 性犯罪の厳罰化をめぐる議論を、被害者はどう受け止めるのか。自らの被害を手記で公表している小林美佳さん(39)に聞いた。

     ◇

 「厳罰化」に反対する理由は見当たらない。被害者は加害者の逆恨みを恐れており、刑の長さは安心につながる。性犯罪・性暴力への社会の理解は低い。今回の議論が多くの人に実態を知ってもらうきっかけになってほしい。

 親告罪は難しい問題だ。性の虐待を受け続けた子どもは虐待を認識していない場合がある。(告訴なしで罪に問える)非親告罪になれば、周りの人が気づいて被害を訴えられる。一方で、強姦(ごうかん)などの被害者は「誰にも知られたくない」と思うのが大半。非親告罪になると、被害者が望まないなかで事件化され、裁判で事実が明かされるのでは、といった心配が生じる。配慮が必要だ。

 より深刻な問題は、被害者の支援態勢が整っていないことだ。国の犯罪被害者等基本計画は、行政や病院、弁護士らが連携し、相談を受ける「ワンストップ支援センター」の設置促進を掲げたが、全国に広がっていない。相談できる場所がなく、被害者だけが苦しんでいる。だからこそ、個人である私に、約7千人からの相談が集まっている。

 救われるべき被害者が苦しみ続けるのは理不尽だ。「打ち明けたい」と思った時に口にでき、それに周囲が手をさしのべる。そんな社会になるためには、性暴力被害への理解が欠かせない。(北沢拓也)


■専門医「厳罰化、根本的な解決にならない」

 性犯罪者の治療に当たっている「性障害専門医療センター」代表理事で、精神科医の福井裕輝さんにも話を聞いた。

     ◇

 厳罰化だけでは根本的な解決にならない。再犯防止の態勢をどうつくるかが最大の課題だ。

 世界的には1980年代に厳罰化の流れが強まったが、再犯防止の効果はなかったといわれている。刑務所では模範囚として勤め上げ、釈放後に再犯をしてしまう場合が多い。

 「性障害」という病気だという認識をきちんと持たなければならない。私は月間約200人を診ている。主な治療法は薬物療法と、認知行動療法と呼ばれるカウンセリング。性欲を減退させる薬物療法は効果が証明されている。性犯罪者の中にも「同じことを繰り返したくない」と自ら治療に訪れる人も少なくない。

 被害者が厳罰化を求めることは当然であり、理解できる。性犯罪を減らすためにも、警察、医療、保護観察などの各関係者が一体となり、再犯防止の態勢をつくることが必要だ。
.
朝日新聞社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000013-asahi-soci



との意見であるが性犯罪における対処方法としてはやはり不十分であろう。
性犯罪に対しての抑止力として自分が犯罪者になるという恐怖感を植え付けるのは大切だ。

問題なのは性犯罪を起こさせないことなのだか。

だが、一度犯罪者としてのレッテルを貼られた人間は犯罪者となる恐怖感が薄れ性犯罪を犯すことに躊躇することがなくなるだろう。


だからこそ犯罪を犯す前のセーフティネット、防護手段、犯罪を犯さないための道筋をいくつも作ることが何よりも大切なのだ。

その対策として以前あげたのが売春における話だ。
売春における認識は人権侵害を安易に騒ぎ立てる人間が多いが自ら性対象となることで世の中の多くの望まない人間を守る、それは誰にでもできることではないすばらしいことであると考える。

もちろん様々な事情からその身をやつす人もいることも忘れてはいない。

しかし、世の中において売春行為が人のための行為、人を助けるための行為という認識を持つことができたならば売春を職業とする女性たちの心にチカラを与えるのではないだろうか?

性行為は汚い、醜い、そのような行為をする人間は人間ではない。

現在多くの人権論者はそのような目て蔑み卑下しているだろう。

そのような意識、風潮こそ改善しなければならないのだ。


そして、犯罪を犯す前のセーフティネットを整備しても尚犯罪を犯すものには性行為そのものを完全に除去する厳罰を与えることをしなければならない。

そう、去勢および薬物療法による治療だ

上記にも記載されていたように強くなりすぎる性感情は「性障害」という病気だとされていて
薬物療法で性欲を減退させる薬物療法は効果が証明されている。


性に関する問題は被害者だから加害者だからと安易に論じられる問題ではない。
だからこそ被害者を出さない方法を整備しつつ、罪には厳罰を処する必要があるといえるだろう。




















拍手[0回]

PR

更なる具体案

記載した内容だけではまだ曖昧な部分も多いので更なる具体案を提示します。

まず行うべきことは免許制度に制定
売春という安易な性行為ではなくあくまで医療行為とし特定医療、介護行為とする事が重要となります。

ゆえに看護、介護資格を取ることが必須となり
独身者であることが必須とし結婚時には免許は失効されます。そして免許の有効期間は50歳までとします。

また行為により従事者の人権が侵害されることはあってはならないので従事者への侮辱行為は重大な名誉既存行為とし厳罰を課すことも重要でしょう。

さらに様々な保障も必要です
免許取得者は所得税、健康保険が免除されるようにします。

今現在、私が考えられることではこれしかありません。このようなことが本当に正しいのかわかりません。
仮に間違っているならば性に対する問題に関して良案をいただけたらと思います。


by   2014/11/01(Sat)22:12:35 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★