忍者ブログ








2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10


今回の旅券返納は、旅券法19条の規定「旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中止させる必要があると認められる場合」に基づくものだ。一方で、日本国憲法では22条で「海外渡航の自由」を保障しており、上記の規定による返納命令は史上初、異例中の異例といえる。

杉本さんの「渡航宣言」を掲載していた朝日新聞は、いち早く8日付朝刊の1面でこの問題を報じ、「踏み込んだ対応は論議も呼びそうだ」との見解を示した。


同日の「報道ステーションSUNDAY」(テレビ朝日系)でも、ジャーナリストの後藤謙次さんが、「渡航の自由を超えた『報道の自由』への配慮が、政府はどこまであったのかな、とそこが非常に気になりますね」と疑問を呈している。


ツイッターでは、ジャーナリストの常岡浩介さんが

「憲法の自由権への直接制限ですから、ジャーナリストだけでなく、全国民、全人類への挑戦」

「今では中国にすら移動の自由があるが、日本はイスラム国への恐怖に駆られて9条以外の憲法も自主的に放棄し、北朝鮮並の不自由国になるのね。これこそ、テロへの屈服だよねえ」

と激しい言葉で批判している。


また、アジアプレス大阪オフィス代表の石丸次郎さんも

「恐れていた事態。このような取材者に対する強権発動は絶対に許されない」

とツイートするなど、報道に携わる人々を中心に、反対した。

http://www.j-cast.com/2015/02/08227359.html?p=2


普通の常識があるならばこの意見がどれほどおかしいかご理解いただけるだろう

政治の立場とし国民を守るために最善の方法を実行したにすぎない
明確な危険を伴い行為に対し自らの身を挺してでも相手を守ろうとする行為だ

しかし、ジャーナリストは自らの仕事の事、報道する事による使命感だけにとらわれ
自ら死地へ赴き日本という国、テロリストと戦う諸国、人々に迷惑をかけることをいとわないというのだ。

報道の為ならばどのような犠牲も迷惑もかけてもかまわない、行動は自由だと訴えているのだ

自由とは自らの責任の上に成り立っているその事は常識を持つものならば誰でも理解できるだろう

しかし、現代のジャーナリスト達には今回の件で大きく欠落している事が露見した形だ









拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★