忍者ブログ








2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
東京・杉並区にある阿佐ヶ谷にアニメをテーマとした商店街が2014年3月29日にオープンする。
その名も「阿佐ヶ谷アニメストリート」。JR中央線の阿佐ヶ谷駅から高円寺方面に4分ほど歩いた高架下スペースを利用し、約120メートルの区間に16(入居が確定しているのは15)の店が入る。

アニメに関連した店が中心になる予定だが、グッズ販売だけでなく、イベントや体験にも力を入れる。
例えば、アイドルのライブ配信やリアルタイムモーションキャプチャを導入したライブ、3Dのバーチャルリアリティが体験できる「Oculus Rift」による宇宙遊泳体験、3Dプリンタを使ったアイドルフィギュアの出力サービスなど。アニメファンでなくても、かなり興味をそそられる。

そもそも、なぜ阿佐ヶ谷にアニメをテーマにした商店街を作るのだろうか。
商店会長に就任したデジタルメディア研究所所長の橘川幸夫氏は、


『テーマを明確に打ち出した特徴ある商店街を作りたかった』という。


「杉並区にはアニメの制作会社が拠点を構えており、アニメとの関わりが深い。
ここを秋葉原や中野に負けないアニメの聖地にしたい」と強調する。

 ただし、「単にアニメ関連グッズを販売する物販系オンリーの商店街にするつもりはなかった」というのは、総合プロデューサーでありテナント出店者でもある作戦本部株式会社の鴨志田由貴氏だ。
物販に終始すると「ミニ秋葉原」「ミニ中野」になるだけ。

 阿佐ヶ谷アニメストリート独自の魅力を打ち出すにはどうしたらいいか。
鴨志田氏は、「物を売るより『体験』を大切にしたい。
その方がリピートを期待できる」と力強く答える。
だが、「言うは易く行なうは難し」ではないのか。
各テナントは賃料を支払って入居するわけだから、手堅く収益に結びつく物販に力を入れたいと思うのが一般的だ。

この時点で多くの人はこんな事しても儲かるわけがないと考え何もしないのが一般的だろう
まさにその通りだ。
様々な土地で大きく発展するにはそれまでの地道な努力、土台があってこそだからである。
何かをしたから即楽して人が来て儲かる。そんな上手い話はないのだ。
当ページにおいてもその事は実証されているといえるだろう。

地域活性、世の中をよりよくするためにと考え一歩踏み出してみてもぽっと出の人間のする事など
信用もなく人もそうそう集まるものではないのだ。

だが今現在が無意味だからといって何もしなければ一生改善の土台は作られず永遠に発展も活性もしないそれこそ何も見所もない衰退し過疎の進むだけになってしまうといえるだろう。
過去の歴史においての文化はすばらしい。
しかし、今を生きる私たちは文化を歴史を作らなくてもいいのだろうか?
過去の偉業におんぶに抱っこではただ甘えているだけになり未来に何も残せず衰退していくだけだろう。だからこそ今は無意味と思える行為でも多くの人と協力し記事のように新しい文化を創造していかねばならないのだ。

拍手[0回]

PR

【悲報】 JR主導の新たなオタ街を目指した「阿佐ヶ谷アニメストリート」 16区画中4店舗しか営業していない

 まるでゴーストタウン! 2014年に鳴り物入りでオープンした阿佐ヶ谷アニメストリートが、ますます危機的状況に陥っている。

 阿佐ヶ谷アニメストリートは、2014年に株式会社ジェイアール東日本都市開発(以下、JR)が、高円寺~阿佐ヶ谷間の高架下を利用してオープンした、アニメの商店街だ。
オープン直後は大勢の人で賑わったものの、その後は奮わず次々と店舗が撤退。10月現在では、まともに営業しているのは16区画中4店舗のみという状況になっている。

 これに加えて、訪問する場合の導線もひどい。

 本来、最寄りの中央線・阿佐ヶ谷駅から徒歩でまっすぐ進めるはずなのだが、途中の高架下にある商店街・ゴールド街は、改築のために全面閉鎖中だ。
そのため、高架の脇を右か左にそれて裏通りを歩かなければ、たどり着くことができない。とりわけ左に進むと店舗の裏口ばかりの路地を通過していくことになる。
とても、アニメの商店街へと向かう雰囲気ではない。
 鳴り物入りでオープンしたアニメの商店街が、こんな惨状を示している理由は複合的だ。

 以前の記事でも記したが、ひとつはJRのイメージと現実に店舗を運営したい企業との意識の差。もうひとつは入居した企業がアニメの商店街に適正な企業だったかという問題だ。

 JRが最初に考えていたのは企業系の出店。本来、阿佐ヶ谷アニメストリートで構想されたのは、中野ブロードウェイのような空間だったはずなのに、
企業系の出店に拘泥したために家賃は高めに設定され、中野ブロードウェイに入居しているような小規模あるいは個人店の出店はほぼ不可能になった。

 また、雑然さよりも秩序を求めたために、当初は店頭にチラシのラックを置くのは通路だからNOにするなど小さな問題が頻発した。また、出店した企業の中にも、
まったく営業を行わず「JRや杉並区から仕事を受注するべく、“店舗を運営している”という既成事実を得るために出店したのではないか」とささやかれるものもあった。

 現在、公式サイトでは12店舗が出店店舗として掲載されているが、実際にまともに営業しているのは4店舗。
中には、店舗として借りているはずなのに、事務所として使用している企業もある。

 もはや行き詰まりを見せているようにも感じる阿佐ヶ谷アニメストリートに打開策はあるのか。阿佐ヶ谷アニメストリートをプロデュースし、
ストリート内にオフィスも構える作戦本部株式会社の代表取締役で「作戦本部長」の鴨志田由貴氏も問題を重く見ており「来週にもJRと話し合いをする予定」だと語る。

全文は以下
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151014-00010006-otapol
by 2015/10/26(Mon)21:33:57 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


注目記事

更新ボタン 凹

忍者カウンター

注目動画

フリーエリア

フリーエリア

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★