忍者ブログ








2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07


富士経済の調査によると、植物工場の市場規模は2014年現在55億円だが、20年には約3倍の155億円になる予測だ。

「農業人口の平均年齢は66.5歳。半数近くは70歳以上のため、10年で3分の1ほどに減少する見込みです。それにより定時・定量・低品質・低価格が求められる業務用野菜の調達が難しくなります。

そのため、気象環境に左右されずに、高品質な野菜を計画的・安定的に生産できる植物工場への期待が大きくなっています」と植物工場に詳しい千葉大学大学院の丸尾達教授は話す。

植物工場には、太陽光を利用する形式と、1985年頃に日本で開発された人工光型植物工場の2タイプがあるが、ここ数年で急拡大しているのは後者だ。

近年、大手電機メーカーから食品会社まで様々な企業の参入が相次いでいるが、過度な急拡大の無理がたたり倒産する企業も出始めている。


それでも、植物工場の拡大は急務だと丸尾教授は話す。
「攻めの農業、次世代農業には欠かせない即戦力の技術要素。

現状の課題は、専用品種の開発などソフト的な開発や業界全体の標準化が遅れている点。

しかし、最重要課題は、人材の不足です」。世界的な課題である農業人口減少への対策は始まったばかりだ。

http://news.infoseek.co.jp/article/president_17371/

拍手[0回]

PR

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81079940Y4A211C1L83000/

東京都で排ガスのないクリーンな「水素社会」を目指す官民の取り組みが動き出した。18日に都内第1号の商用の水素ステーションが練馬区で誕生。15日に世界で初めて発売された燃料電池自動車(FCV)の普及を支える拠点となる。舛添要一知事は水素社会を2020年五輪のレガシー(遺産)にする方針を打ち出しており、補助金も出して整備を促す。

 練馬区の「練馬水素ステーション」は、東京ガスが既存の天然ガススタンドに併設して整備した。商用ステーションとして国内3カ所目だが、関東地方では初めて。事業費は公表していないが、国から最大1億9千万円の補助を受ける。

 水素の供給価格はFCVの納車が本格的に始まる年明けにも決める。東京ガスは「ユーザーに受け入れられる価格設定が重要」として、ガソリンと変わらない水準を目指すという。

 水素ステーションはFCVに欠かせないインフラ。ただ普及初期は利用台数も少なく、採算は厳しい。標準的な建設コストもガソリンスタンドの約5倍の5億円程度かかるとされる。

 このため経済産業省は標準的なケースで2億2千万円を補助する制度を2013年度に創設。都も歩調を合わせ1億8千万円の補助金を出し、事業者負担をガソリンスタンド並みに抑える。都議会に提出した14年度補正予算案に21億円を計上、当初10カ所の導入支援を想定している。

 都は自動車メーカーやエネルギー企業などを集めた官民の会議で「水素社会」実現の数値目標も定めた。五輪のある20年に都内でFCV6千台、水素ステーションは35カ所とする。25年には10万台、80カ所に増やす。ここまで拡大すれば、10分程度の走行時間でステーションに到達できるようになるという。

 都によると14年度末までに水素ステーションは合計4カ所に増える。JX日鉱日石エネルギーが八王子市と杉並区、岩谷産業が港区に開く予定だ。板橋区、千代田区、大田区でも計画があるという。東京ガスは荒川区など2カ所の研究開発用ステーションの商用転用も検討する。

 舛添知事は18日の都議会での答弁でも水素ステーション誕生に言及。「スピード感をもって、水素社会の実現に向けて我が国をけん引していく」と強調した。




近年ガスエネルギーが注目されていますがこういう状況は世界に於ける分岐点といえるでしょう
震災により原発の問題性が露見し自然エネルギー、太陽光発電が大きく普及しました
そしてトヨタで水素燃料の自動車が発表。まるで決まっていたかのような流れを感じないでしょうか。

たとえば福島においては多くの人が離れ原発の事もあり人口も大きく減少する事でしょう
さらに日本全国においても人口の減少から将来的に多くの土地が空白地となる。

さて、そういった場所をどう活用するか

そう、自然エネルギー設備を設置すればいいのです

そして膨大に作り出されたエネルギーを水素へ変換し石油や天然ガスのように様々な国へ輸出する
将来的には日本がエネルギー輸出国となる事も可能なのです。

しかも、豊富にある安価な水を利用して

もちろん事は単純ではないでしょう

しかし、時には単純に考えたほうがいい事も多いのです。

これが旧来の考えのまま原子力発電推進推奨した場合はどうなるか

私にはとても暗い未来しか見えません。

なぜならば、原子力発電は国家レベルでしか行えない事案ですが太陽光、風力発電のような自然エネルギーは一般家庭レベルから国家レベルまで幅広く実行できる事案だからです。

幅が広ければそれだけ需給も増え経済が活性化する、日本で売れなくなったら海外で売る事もできる。設備負担のほとんどを細分化することで負担が大きく減り災害にも対応できる。

幅が狭ければほんの少しの事で大きな問題となり全てにおいて負担を一手に引き受けなければならず得られる利益もすくない。

単純に少し考えればわかる事ですがいまだ方向性を変えられない人間がいる。

物事はもっと楽に考えられればいいのですけどね















拍手[1回]

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★