忍者ブログ








2017/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05


富士経済の調査によると、植物工場の市場規模は2014年現在55億円だが、20年には約3倍の155億円になる予測だ。

「農業人口の平均年齢は66.5歳。半数近くは70歳以上のため、10年で3分の1ほどに減少する見込みです。それにより定時・定量・低品質・低価格が求められる業務用野菜の調達が難しくなります。

そのため、気象環境に左右されずに、高品質な野菜を計画的・安定的に生産できる植物工場への期待が大きくなっています」と植物工場に詳しい千葉大学大学院の丸尾達教授は話す。

植物工場には、太陽光を利用する形式と、1985年頃に日本で開発された人工光型植物工場の2タイプがあるが、ここ数年で急拡大しているのは後者だ。

近年、大手電機メーカーから食品会社まで様々な企業の参入が相次いでいるが、過度な急拡大の無理がたたり倒産する企業も出始めている。


それでも、植物工場の拡大は急務だと丸尾教授は話す。
「攻めの農業、次世代農業には欠かせない即戦力の技術要素。

現状の課題は、専用品種の開発などソフト的な開発や業界全体の標準化が遅れている点。

しかし、最重要課題は、人材の不足です」。世界的な課題である農業人口減少への対策は始まったばかりだ。

http://news.infoseek.co.jp/article/president_17371/

拍手[0回]

PR

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81079940Y4A211C1L83000/

東京都で排ガスのないクリーンな「水素社会」を目指す官民の取り組みが動き出した。18日に都内第1号の商用の水素ステーションが練馬区で誕生。15日に世界で初めて発売された燃料電池自動車(FCV)の普及を支える拠点となる。舛添要一知事は水素社会を2020年五輪のレガシー(遺産)にする方針を打ち出しており、補助金も出して整備を促す。

 練馬区の「練馬水素ステーション」は、東京ガスが既存の天然ガススタンドに併設して整備した。商用ステーションとして国内3カ所目だが、関東地方では初めて。事業費は公表していないが、国から最大1億9千万円の補助を受ける。

 水素の供給価格はFCVの納車が本格的に始まる年明けにも決める。東京ガスは「ユーザーに受け入れられる価格設定が重要」として、ガソリンと変わらない水準を目指すという。

 水素ステーションはFCVに欠かせないインフラ。ただ普及初期は利用台数も少なく、採算は厳しい。標準的な建設コストもガソリンスタンドの約5倍の5億円程度かかるとされる。

 このため経済産業省は標準的なケースで2億2千万円を補助する制度を2013年度に創設。都も歩調を合わせ1億8千万円の補助金を出し、事業者負担をガソリンスタンド並みに抑える。都議会に提出した14年度補正予算案に21億円を計上、当初10カ所の導入支援を想定している。

 都は自動車メーカーやエネルギー企業などを集めた官民の会議で「水素社会」実現の数値目標も定めた。五輪のある20年に都内でFCV6千台、水素ステーションは35カ所とする。25年には10万台、80カ所に増やす。ここまで拡大すれば、10分程度の走行時間でステーションに到達できるようになるという。

 都によると14年度末までに水素ステーションは合計4カ所に増える。JX日鉱日石エネルギーが八王子市と杉並区、岩谷産業が港区に開く予定だ。板橋区、千代田区、大田区でも計画があるという。東京ガスは荒川区など2カ所の研究開発用ステーションの商用転用も検討する。

 舛添知事は18日の都議会での答弁でも水素ステーション誕生に言及。「スピード感をもって、水素社会の実現に向けて我が国をけん引していく」と強調した。




近年ガスエネルギーが注目されていますがこういう状況は世界に於ける分岐点といえるでしょう
震災により原発の問題性が露見し自然エネルギー、太陽光発電が大きく普及しました
そしてトヨタで水素燃料の自動車が発表。まるで決まっていたかのような流れを感じないでしょうか。

たとえば福島においては多くの人が離れ原発の事もあり人口も大きく減少する事でしょう
さらに日本全国においても人口の減少から将来的に多くの土地が空白地となる。

さて、そういった場所をどう活用するか

そう、自然エネルギー設備を設置すればいいのです

そして膨大に作り出されたエネルギーを水素へ変換し石油や天然ガスのように様々な国へ輸出する
将来的には日本がエネルギー輸出国となる事も可能なのです。

しかも、豊富にある安価な水を利用して

もちろん事は単純ではないでしょう

しかし、時には単純に考えたほうがいい事も多いのです。

これが旧来の考えのまま原子力発電推進推奨した場合はどうなるか

私にはとても暗い未来しか見えません。

なぜならば、原子力発電は国家レベルでしか行えない事案ですが太陽光、風力発電のような自然エネルギーは一般家庭レベルから国家レベルまで幅広く実行できる事案だからです。

幅が広ければそれだけ需給も増え経済が活性化する、日本で売れなくなったら海外で売る事もできる。設備負担のほとんどを細分化することで負担が大きく減り災害にも対応できる。

幅が狭ければほんの少しの事で大きな問題となり全てにおいて負担を一手に引き受けなければならず得られる利益もすくない。

単純に少し考えればわかる事ですがいまだ方向性を変えられない人間がいる。

物事はもっと楽に考えられればいいのですけどね















拍手[1回]




レールガンなどの次世代兵器の開発を進めるアメリカ海軍が、2014年10月に新型のレーザー兵器「Laser Weapon System(LaWS)」の発射実験を行いました。ついにその発射実験の様子がムービーで公開され、LaWSの威力が明らかになりました。
https://www.youtube.com/watch?v=D0DbgNju2wE

ペルシャ湾沖で停泊するアメリカ海軍の輸送揚陸艦「USS Ponce(ポンス)」にLaWSを搭載して実験は行われました。
(中略)
強力な破壊力を見せつけたLaWSはアメリカ海軍が4000万ドル(約50億円)かけて開発した兵器で、レーザー砲1発あたりにかかる費用は0.59ドル(約100円)と言われており、従来のロケットミサイルや爆弾に比べると破格の安さ。アメリカ海軍は2020年までにLaWSを艦隊に実戦配備する計画です。
http://gigazine.net/news/20141212-us-navy-laser-weapon-movie/

拍手[0回]

世の中には何らかの原因で身体に欠損を持つ人たちがいます。
そのような人達を見て多くの人は「かわいそう」と感じるでしょう。
その結果、障害のある人達は自分はかわいそうな人なんだと気持ちを滅入らせてしまう

しかし、そんな未来をほんの少しの事で変えられる。


そう、もしも自分がマンガ、アニメ、映画の主人公のようだったならばどうなるだろうか



どうしても機能性やコスト。真面目さを前面に出しがちな技術者であるが、今回取り上げた動画のような製品をとりいれ使う人が喜べるようなものこそが本来大切なのである。

今は何のチカラもないが将来においてこのような発想をより多く普及させ世の中がより良く
楽しい世界にできればと思う。

拍手[0回]

英ロイヤル・カレッジ・オブ・アート大学(Royal College of Art’s Innovation Design Engineering course)の卒業生であるジュリアン・メルキオッリ(Julian Melchiorri)氏が人工の「葉」を開発した。

光を当てると水と二酸化炭素から酸素を生成するという、世界初のバイオリーフだ。

人工の葉の仕組みは、絹の繊維から抽出されたタンパク質が分子を安定させる性質を利用して、そこに植物細胞から抽出した葉緑体を閉じ込めるというものだった
実際にタフツ大學のシルクラボ(Tufts University silk lab)と共同で試してみると、シルクリーフ(Silk Leaf)と呼ばれる人工の葉を作ることができた。

このシルクリーフに光を与えると、植物と同様に光合成を行い、水と二酸化炭素から酸素を作ることができた。

この人工の葉は、生きている本物の植物よりもメンテナンスし易いという意味では、より取り扱いが容易な製品の試作品ができたことを示している。

人工の葉に期待できること
開発者のジュリアン・メルキオッリ氏は、この人口の葉を様々な用途に使えるのではないかと考えている。

まず彼は、見た目も洒落たランプシェードを作ってみている。このランプシェードは明かりを付けている間、部屋を照らすと同時に酸素も供給してくれるのだ。
しかし彼はもっと壮大なことを考えている。

例えばビルの外壁を、この人口の葉で覆ってしまえば、都会でも新鮮な酸素を作り出すことができるというものだ。

また、ビルの換気装置にこの人口の葉をフィルターとして使うことで、外部から取り込んだ空気に酸素を添加してビル内に送り込むことができるという。

そして最も期待されているのが宇宙開発の分野だ。

実は無重力状態では植物がうまく育たないという。また、長期間宇宙に滞在するには酸素を供給するシステムが必要だ。

そこで、この人工の葉を宇宙船や宇宙ステーション、あるいは他の惑星の基地に設置すれば、酸素を供給するシステムとして活用できるかもしれない。

一枚の人口の葉が、壮大な構想の木に育つかもしれない







拍手[0回]

神戸市にある理化学研究所などの研究チームは、iPS細胞を使って目の網膜の組織を再生し
病気で失われた患者の視力を回復させようという世界初の手術を行ったと発表した。

京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞が実際の患者の治療に使われた初めてのケースで、再生医療の実現に向けた大きな一歩になると期待されます。

世界初の手術を行ったのは、神戸市にある「理化学研究所」の高橋政代プロジェクトリーダーと「先端医療センター病院」などの研究チームだ。

手術を受けたのは、「加齢黄斑変性」という重い目の病気のため視力の低下を抑えられなくなった兵庫県の70代の女性の患者で、研究チームではまず、女性の腕から皮膚の細胞を僅かに取り、iPS細胞を作り出した。


そして、このiPS細胞を目の網膜の組織に変化させ、12日、病気のため傷ついた網膜の一部を取り出したあと、移植する手術を行った。

手術は午後1時40分ごろから神戸市にある先端医療センター病院で行われ、午後4時20分ごろ終了。


研究チームによりますと、今回の手術はこの治療が安全に行えるかどうかを確認することが第一の目的の臨床研究で、患者は視力の維持に必要な細胞の多くが死んでしまっているため、期待できるのは視力の低下を食い止めたり僅かに回復させたりすることだということです。


ただ今後、安全性と効果が確認されれば、視力を大幅に回復させる病気の根本的な治療法になる可能性があるということで、研究チームは今後、4年間にわたって患者を定期的に診察し、移植した組織の状態を確認することにしています。


京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞が実際の患者の治療に使われたのはこれが初めてで、再生医療の実現に向けた大きな一歩になると期待されます。


.専門家「患者・研究者に大きな光」

iPS細胞が初めて実際の患者の治療に使われたことについて、同じくiPS細胞を使った研究を行っている慶応大学医学部の岡野栄之教授は「患者にとっても、再生医療の研究者にとっても、きょうの手術の実施は大きな光だ。京都大学の山中教授がiPS細胞を発見してから、国を挙げて研究に取り組んだ結果、海外の研究者からも驚かれるほど極めて早く研究が進み、きょうの日を迎えることができた」と話している。


さらに「今後、パーキンソン病や脊髄損傷、心不全といった患者の治療にiPS細胞を使う研究が進められようとしているので、今回の手術は、iPS細胞からできた細胞を移植したときに何が起きて何に気をつけるべきかなどの貴重なデータを得る重要な事例になる。引き続きノウハウを積み上げていけば、日本が再生医療の分野で世界をリードできるようになるだろう」としています。


そのうえで「現状ではiPS細胞を使って治療を行うには多額の費用がかかるため、一般的な医療につなげていくにはまだまだ課題が多い」と指摘しています。

患者「研究が進んでくれるように」今回の臨床研究の対象となっている目の難病「加齢黄斑変性」の患者は、国内に推定でおよそ69万人いるとみられています。


患者は不自由な生活を送りながら新しい治療法の開発を心待ちにしています。
大阪・池田市に住む串田勝さん(81)は、4年余り前、右目の視野の真ん中がゆがむようになり検査の結果、「滲出型」の「加齢黄斑変性」と診断されました。

今もおよそ2か月に一度、注射で目に薬剤を入れる治療を受けていますが、症状は徐々に悪化し、最近は視野の中心部に黒い影が出来てぼやけるようになりました。
視力は、メガネをかけても0.1まで下がりました。

会社を経営する串田さんは、仕事の面でも不自由を感じています。
取引先からの書類は拡大鏡を使わないと読むことができません。
パソコンで文書を作る際は、キーボードや画面の矢印がよく見えないため、打ち間違いや変換ミスが多く、大幅に時間がかかるようになったと言います。

忙しいときには、みずから大型車両を運転していましたが、去年の暮れには運転免許の更新ができなくなりました。

今回、同じ病気の患者を対象にiPS細胞を使った新たな治療が行われたことについて、串田さんは「非常に画期的なことで、闇の中から連れ戻してくれたような気分です」と話しています。
そのうえで「運転免許を取り直したり本を読んだりと、病気が治ったらやりたいことは山ほどあります。私もこのような治療を早く受けられるように、研究が進んでくれることを願っています」と話しています。



拍手[0回]

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


注目記事

更新ボタン 凹

忍者カウンター

注目動画

フリーエリア

フリーエリア

| HOME
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★