忍者ブログ








2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11



愛知県三河地方にある公立小学校3年の教室内で、いじめられている同級生をかばおうとした女子児童が別の同級生3人から暴行を受け、1週間のけがを負っていた。20代の男性担任教諭はその場にいたが制止できず、学校はすぐに保護者に連絡していなかった。

学校によると、騒動が起きたのは6月3日午後2時45分ごろで、5時間目が終わった休み時間中。複数の児童からたびたび悪口などを言われていた同級生を見かね、この女子児童が「いじめるなら、私をいじめろ」と口にしたところ、1人の女児と2人の男児が「いじめてもいいんだってー」と、
殴る蹴るの暴行を始めた。2人が女子児童を押さえつけ、1人が跳び蹴りする場面もあった。

担任は6時間目の授業に来て、騒動を知った。多数の児童らを分け入って止めようとしたが、
暴行は担任の目前でも続いたという。担任は「出血など目に見えるけがはない」として、
女子児童を保健室に連れて行ったり、保護者に知らせたりしなかった。学年主任には報告し、
学校が調査して5日、女子児童の保護者に事情を説明した。

校長は「子どもが担任の指示に従わないなど、学級運営の問題は感じていたが、担任から相談はなく、様子を見ていた。担任は経験が浅く、学校の管理責任が問われる重大な問題とは考えられなかった。大変、申し訳ない」と話した。

女子児童側は、学校の聞き取り調査や家庭訪問などを経て、加害者側の「謝罪を受け入れること」を
了承したという。女子児童は6月下旬に登校を再開。教頭や指導主事らが再発防止のため、担任との
2人体制で授業をしている

子供ゆえの無邪気さの表れといえますね。
こういう問題に対し教師はなにをしていたんだ、学校はなにをしているのだと意見をいう人がいますがそれは現場をしらない安全な立場にいるからこそ言える無責任な発言といえるでしょう。

このような問題を解決するには教師だけに任せるのではなく社会全体で教育を行う
以前取り上げた就労学習制度の実施をしより多くの社会人、大人と触れ合う事で社会における善悪を
学ばせる必要があるといえるでしょう。

世の中様々な問題が起こるたびに常々思います、もし自分に何とかできるチカラがあればと。
しかし、大部分の人がそうですが一個人が世の中の問題に行動を起こしたとしてもそれは煙たがられ
叩き潰されてしまう。そうならないため少しでも多くの人の理解を得てチカラを借りられればと思います。









拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★