忍者ブログ








2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
千葉市は8月28日、昨年度実証実験を行った「ちば市民協働レポート」(ちばレポ)の機能アップを図り、9月より本格的にスタートすると発表した。レポーターの募集を8月28日から、レポートの受付を9月16日から開始する。

ちばレポは、道路や公園といった市が管理する施設において、修繕や補修が必要な不具合など、地域におけるさまざまな課題についてスマートフォンアプリを活用し、市民から位置情報および写真付きレポートを送付してもらい、Web上にレポートとして公開するもの。これにより、可視化された地域の課題情報を市民と市役所が共有し、課題解決にあたる。対象は、道路、公園、ごみ、その他の4つの区分だ。


スマートフォンのGPS機能を使うことで、位置情報が自動で取得でき、写真も簡単に撮れる。昨年の実証実験では添付できる写真は1枚のみだったが、場所を特定しずらいということで、本番では3枚まで可能にしたほか、動画での報告も可能にした。

報告された情報は、市側で地図上にアイコンで表示し一般公開する。地図上のアイコンをクリックすることで、詳細情報を参照でき、同じ不具合について複数報告されることを防ぐ。

アイコンは、色分けされ、「新規投稿」→「受付済み」→「対応中」→「対応済み」と更新され、進捗状況がわかるようになっている。対応OSはAndroid OS 2.2以上とiOS 5.1以上。同様の機能はパソコン上でもサポートされる。

千葉市長の熊谷俊人氏は、今回の取り組みの狙いを「これまで電話やFAXなどで連絡していただき対応してきた業務の進捗を明らかにするという行政改革だ」と説明。これまで、このような業務はExcelで管理されていたが、今回のシステムでは、セールスフォースのCRMが利用されている。これにより、事務改善だけでなく、分析も可能になる。

また、電話の場合、市の職員がその都度対応していたが、アプリを利用すればその必要がなく業務の効率化が図られるほか、市民にとっても、休日や深夜でも報告できるというメリットがある。



コスト面でも、例えば、これまで街灯の電球切れは、定期的に市の職員が巡回してチェックしていたが、市民からの報告に頼れば、年間100万円単位のコスト削減になるという




これまで市民から電話で寄せらる不具合は、道路だけでも年間1万3,000件に上るという。千葉市では、これらを順次スマートフォンアプリ経由に移行してもらう計画だ。

報告された情報は誰でも参照できるが、レポートを行う場合は、事前に市への申請が必要だ。参加資格は千葉市在住、在勤、在学の人だ。市では当面5,000人の登録者を目指す。

また、今後は機能を順次拡張し花見などのスポット情報なども掲載していくほか、市民への一斉通報などにも利用する予定だ。

なお、システム費用は開発費と運用費あわせて、5年間で約5,000万円。
熊谷市長は、「今後は、他の市にも使ってもらい、全国展開を図りたい」と述べた


今回のはインフラのみですが様々な問題に対しての対応はこうした取り組みで大きく改善できる
と感じた

昔のように職員が巡回確認する手間はもちろんだが
道路計画などを行政側が配信し市民が提言するといった事も可能だろう

拍手[0回]

PR
地方経済の疲弊を嘆きなんとかしてくれと訴える記事を多く目にします

参照
http://www.toushin-1.jp/articles/-/1959


青森市を訪問する機会がありましたが、疲弊した地方都市経済を見たような気がしました。

再開発商業ビル「アウガ」が多額の債務超過に陥って事実上の破綻となったことは、地方自治体主導の経済活性化が限界に達していると言えます。

人口減少が続く地方都市の経済活性化は待ったなしの政策課題です。

どの記事でもこのような事を述べておりなんとかお金をと求めます

私自身も地域活性を行う行動を一度経験しましたが

最初の段階から違和感を感じずにはいられませんでした

この違和感はどの地方でも同様であると考えます

それは

『まともな議論をする気がない』

という事です


いうなればする事、方向性は決まっていて
決まっている事をいかに進めるか、という事しか考えがないのです

例えば参照とした青森の商業ビルAUGA(アウガ

青森市が中心となって建設された再開発商業ビル「AUGA(アウガ)」を運営する第3セクター会社が多額の債務超過に陥り、社長を兼任していた副市長が引責辞任に追い込まれたというものです。報道によると、一定の目途を付けた後で市長も辞任する模様です。

ザックリ言うと、青森市の肝煎りで推進されてきた商業再開発プロジェクトが破綻したということです。第3セクター方式を採用していたとはいえ、事実上は青森市の運営と見られ、その運営資金は市民が収めた税金と考えられます。

破綻の要因は、「アウガ」の商業施設(テナントショップや飲食店)への集客減少ですが、他にも要因があるかもしれません。開業直後から入居テナントが減り続けているようで、9階建てのビルは6階以上が青森市の図書館というありさまです。青森駅前のランドマーク的な存在である斬新な商業ビルが、虚しく建っている印象を受けました。

さて、このような状況地方に住む皆様なら聞いた事あるような気がするのではないでしょうか

また、ねぶた祭りの記載もありましたが
祭りが終了したら誰も来なくなる、そのような状況も同様です


他にも多くの類似行為が行われ同じように失敗し続ける
その様な行為を続けながら経済の向上が地方まで届いていない
もっとお金を地方に回してくださいといい続ける


なぜなのか?


この問いと答えをできる事なら是非とも行政や地域活性団体を行ってる人に答えて欲しい




拍手[0回]

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★