忍者ブログ








2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
さて、最近はメディアを見れば加計問題、加計問題と騒ぎたて
そこに権力の行使があったかどうかで騒ぎ立てていますがこうした事に対して疑惑から安易に悪と結び付けようとする印象操作が目立つと感じます

なぜ、印象操作といえるのか

メディアでは流されませんがいわゆる『既得権益』、天下り先、官僚と銃医師会の利益を守るために長い間官僚の強い関与があり、それは新設以前に突き詰めれば獣医師会と文科省の権力の行使が実行されているにも関わらず現与党だけを悪とみなし断罪しようとしているからです


さて、そうした話を前提に考えると不思議と浮かび上がってくることがあるのではないでしょうか


獣医学部を新設するような現政権は既得権益を乱す邪魔な存在
だから、疑惑をつくりだしメディア、野党を利用して現政権、安倍さんを失墜させよう
そのような思惑、裏の考えが見えてくるのではないでしょうか?

そして、近年ポスト安倍ポスト安倍とメディアを利用し首を挿げ替え自分に都合のいい
次期総理、石破さんについてもらおうと


獣医学部新設はは地域活性だけにとどまらず鳥インフルエンザや口蹄疫など
国家にとって大きなメリットがあり重要な案件といえることはネットを調べればすぐにわかる事で
あることはすぐわかると思います

参考サイト
http://namagusa.com/archives/10802


いうなれば権力の行使があったにしろ獣医学部新設は最善といえる行為でメディアが取り上げるような悪ではないといえるのです


最近はメディアに流され多くの方が不信感をもたれているようですが
メディアの印象操作に惑わされることなく最善の道はなにかということをしっかりと理解し
よりよい世の中を作るためにココロをしっかり持っていただければと思います

拍手[0回]

PR


[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると発表した。残留を求めていた同盟国や米経済界首脳らの間には波紋が広がっている。

離脱は選挙公約通り。トランプ大統領はホワイトハウスで「米国は(パリ協定から)離脱する」と表明。同協定は同国の経済と雇用に打撃を与えると主張し、離脱は「米国の主権を改めて主張する」意味合いがあるとして「米国第一主義」を強調した。

大統領はさらに、「米国にパリ協定への残留を求めている国々は厳しい貿易慣行により米国に総額数兆ドルの負担を強いている。多くの場合、米国との軍事同盟への寄与が不十分だ」と述べた。

ただ、米政府が同協定への再参加、もしくは米国民と米企業にとってより公平な新たな条件について交渉を開始することも明らかにした。

米国の同盟国は遺憾の意を表明。フランス、ドイツ、イタリアの首脳は連名で声明を出し、協定は再交渉できないとした。

トランプ氏はまた、発展途上国による気候変動の影響への対策を支援する多国間の「緑の気候基金」への拠出を停止すると述べた。

パリ協定は2015年12月に米国を含む195カ国が合意。オバマ前米政権は2025年までに地球温暖化ガスの排出量を05年比で26─28%減らすと表明していた。

米国の離脱により、世界でパリ協定に参加していないのはシリア、ニカラグア、米国のみとなる。米国は温暖化ガス排出量が中国に次いで世界第2位で、世界の排出量の15%以上を占めるため、離脱の影響は大きいとみられる。

https://jp.reuters.com/article/trump-parisclimateagreement-idJPKBN18S6IL


この事から世界中で多くの批判的な意見が発せられているが時にはこういう意見も必要ではないかと考える。なぜなら多くの協定、国連などの組織団体が決める内容は理想であり現実的な努力をするのは多くの企業であるからだ

排ガス規制の指定により自動車メーカーが偽装をした問題は記憶に新しいといえる
また、安易な規制だけをい提案することにより職を失った人も多く存在する事も事実であり
そうした人たちの意見、いわば弱者の意見を代弁しているのがトランプさんだからだ

では、規制をなくしてどんどん排ガスを排出すればいいのか
批判に対し必ず出てくる意見。0か1かの意見である

答えはNOである

排ガス規制はしていく必要はある

しかし、表面的な状況だけで安易に規制を強化していくべきではない
そして規制をするならば排ガス軽減努力をしている企業にはそれ相応の予算をつけ更なる排ガス排出量を削減させる技術向上させる事が必要だということだ

人間には知恵があり困難を解決する為の技術も存在する

しかし、多くの場合資金面や実績面、頭の固いお偉方がそうした技術革新に目を向けない事が多く
せっかくの人間の持つソコヂカラを活かせていないのが現実だろう


そこで、当ページではクリーンテックと呼ばれる技術をいくつか紹介していきたいと思う


生ゴミのガスでコンロに火がつく「家庭用エコシステム」
http://tabi-labo.com/226479/compost-gas

「二酸化炭素」を回収して「燃料」に!夢のリサイクルシステム
http://tabi-labo.com/162954/co2-h2

太陽光利用で、CO2から液体燃料を作る
http://wired.jp/2008/01/15/%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%81%a7%e3%80%81co2%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b6%b2%e4%bd%93%e7%87%83%e6%96%99%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b/

ガッツリ吸収CO2 老朽油田に注入し増産もできる活用術
http://www.sankei.com/economy/news/130728/ecn1307280007-n1.html

二酸化炭素を食べる虫 ミドリムシの恐るべき潜在パワー
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD150GM_V11C12A1000000/


紹介したのはほんのごく一部であるがその多くはいまだ研究段階であるものが多い
そうした技術を注目、支援、普及させることが何よりの温暖化対策になるのではないだろうか

拍手[0回]

注目記事

にゃー

powered by 撮影スタジオ.jp
忍者AdMax
忍者AdMax


忍者カウンター

フリーエリア

ソコヂカラとは

ソコヂカラは世の中の事を批判するだけではなく本気でどうすれば解決するか解決方法を考え実行する為に努力する人が集まる場所です。世の中の問題解決望む方は是非ご参加ください
尚、全ては参加者の任意となっていますので物事に強制はなく各員が出来る事をやりましょう。コメントするだけ情報を提供するだけ、お題を出すだけ広告をポチするだけ。何気ない事がチカラになります。是非ご参加よろしくお願いします。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 地域のソコヂカラ -World Wide Network- --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

















著作権について 当サイトで掲載している動画、画像等の著作権は、製作者様及び発案者様に帰属します。著作権等の侵害を目的とするものではありません。掲載している文章、画像などに関して削除依頼などがございましたら、下記のアドレスまで権利保有者の方がご連絡ください。即座に削除等の対応をとらして頂きます。

http://sokojikara.1616bbs.com/bbs/

閲覧に関して 当サイトが提供する情報及びリンク先で発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任を負いません。閲覧は自己責任でお願いします。

★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★